オイル分析

オイル分析は機械の健康診断です。

機械内部で進行する異常な摩耗状態は、全ての箇所で早く知ることが重要です。しかし、機械の到る所に異常を感知するセンサーをつけ、摩耗状態をチェックすることは技術的・経済的に困難です。

潤滑油は機械のいわば血液であり、潤滑油の状態を把握することで摩耗や汚損によるトラブルを未然に防ぐことができます。主に油圧作動油、ギヤ油等、工場内全般の潤滑油分析を行っています。分析を行うだけでなく、潤滑油に関わるトラブルについてご相談をお受けしています。

機械異常の早期発見

オイルは潤滑内部の全てに循環しているので、機械要素から発生する摩耗粒子は全てオイルに含まれています。機械要素に異常摩耗(損傷)が生じ摩耗が増加すると、オイル中の摩耗粒子量も増加するので、オイルを定期的に分析する事によって機械要素の異常を早く発見できます。

メンテナンス計画に有効

機械の摩耗状態を知るためには、オイル中の摩耗粒子を直接分析することにより、機械の摩耗状態が判ります。オイルの定期分析を日常の定期点検の一環に取り入れ、予知保全、オーバーホール期間や更油期間の延長にお役立てください。

 321 total views,  2 views today

PAGE TOP