【油剤メンテ】取引事例

弊社は潤滑油や金属加工油をはじめ各種石油製品を取り扱っております。販売とあわせ油圧作動油の交換およびタンクの洗浄、工作機械のクーラント交換およびタンクの洗浄等々、油に係るメンテナンス業務を長年行ってまいりました。
御社のお客様から油剤に関するお問い合わせがございましたら、中部石油へご連絡ください。
御社へお見積りを提出します。そのお見積もりをもとに御社よりお客様へ金額をご提示ください。御社の作業請負ます。 【お取引イメージはこちら
※必要な場合は油剤の手配もいたします。
お客様の囲い込みをより強固なものにし、事業範囲を広げ収益拡大の一助になれば幸いです。

【取扱い商品・サービス一覧はこちら】


切削工具のための油剤選定

T様 : 工具商社 S社様担当営業マン
S社様: 金属加工業(量産品加工) NC自動機25台 他多数

◇状況
量産品の加工がメインのS社様が親会社より新たな製品を受注し、加工に取り掛かっていたところで問い合わせを頂きました。新規の製品は、材質の違いこそあれ加工は従来から行っていたものとさほど変わらず、多少の調整ですぐに生産に取り掛かれると考えていたそうです。しかし、いざ加工してみると思いのほか切削工具の持ちが悪く、様々なチップ、加工条件を試みてみたものの改善の兆しは見えず、加工液に目が向いたところで弊社に連絡がまいりまいた。

◇対応
お話をいただき、加工条件に適したクーラントを選定し数種類試してみたものの、芳しい結果は得られませんでした。打開策が見いだせない中、工具商社のT様も私ども同様解決策が見つからず、困り果てていいました。藁をもつかむとはよく言ったもので、たまたまお会いした際、普段あいさつ程度しか交わしたことがないTさんと、互いの商品について『特徴』や『性能を発揮するための必要条件』などを話していました。その際、T様いわく「工具の持ちが悪いのは、うまく熱を逃がし切れず、そのため工具のコーティングが活かしきれていないことが原因ではないか?」とのことでした。一方弊社では、S社の担当者様に伺っていた加工条件、ワークの材質にあわせ油剤選定した結果より「潤滑性の高いものが適しているという判断でした。」当然うまくいくはずはありません。相反する要求性能を満たすための製品を提供していたわけです。T様からお聞きした話を参考に、冷却性を重視した加工液を試してみました。すると、今までの苦労がうそのように問題は一気に解決しました。

◇結果
従来の加工液選定方法ではいまだに解決できなかったかもしれません。今回は、工具を販売しているプロから話を聞けたため解決できました。以前お客様から、「切削工具にかかるコストは加工液にかかるそれの10倍である」と聞いたことがあります。「この加工液を使えば工具寿命は必ず延びます」「このクーラントの添加剤は・・・」等々、自分たちの視点でなく、お客様にとって何が最良か?またその結果を得るために最優先にすべきことは何か?工作機械、加工条件、切削工具、加工液・・・様々な状況を踏まえ考える必要があると感じました。販売している商品やアプローチ方法は異なりますが、お客様の利益に貢献するという目的のために中部石油がご協力できる部分もあるかと思います。御社の商材の一つとして『工具に最適な加工液のセット販売』を囲い込みの一環として、また『販売したい工具に合わせた油剤選定』など収益拡大の一助として中部石油をご活用ください。


実績に裏打ちされた説得力をいかし収益アップ

K様 : 機械商社  F社様担当営業マン
F社様: 金型製作  MC、NC、研削盤、放電加工機、他多数

◇状況
F社様は大きな故障以外の機械メンテナンスは自社のスタッフが行っていました。MCのクーラント、工作機械の油圧作動油やギヤオイルの交換も長期休暇の前に予定を組んで清掃メンテナンスと共に実施していました。F社様のみなさん大変ではあるが、毎年行っていることだから仕方がないと割り切って行っていたそうです。機械商社営業のK様は常々、機械を買っていただいたお客様に対し『他に何かできることはないか』を模索していたそうです。お客様とより深い関係が構築できれば、様々な問題も早期に発見でき芽のうちに摘み取ることが可能になるのではと考えていたそうです。そんな中、F社様の長期休暇前の清掃メンテナンスに遭遇しました。放電加工油を交換しているところでしたが、作業自体はタンクから加工油を抜いてタンク内を清掃し新しい加工油を充填するという作業ですが、加工油を抜くにもバキュームポンプがすぐに満タンになってしまい何度もドラム缶に移し替える作業に時間を要していました。加工油を抜いた後もタンク内の清掃に真っ黒になって作業している姿をみて、何とかしてあげたいと思われたそうです。

◇依頼・対応
機械商社のK様とは何度か別の会社で交換作業をしているときに出会っていました。挨拶を交わす程度でしたが、それを覚えていていただいたようで中部石油にご連絡をいただきました。K様はF社の社長にスタッフの苦労を説明し作業のアウトソーシングをご提案されたそうです。おりしも働き方が議論されている時期とも重なり、スタッフの労働環境改善、働く意欲向上につながるのであればと受け入れていただけたそうです。K様からの依頼は、加工油はF社様がご用意されるので、中部石油はタンク清掃と交換作業及び廃油処理をしてくれとのことでした。

◇結果
当日、実際に作業したのは放電加工機のほかにMCも1台試しに交換してくれとのことでした。F社様のみなさんは連休前2日間でできる作業を想定しメンテナンスの予定を組んでいたそうです。今回の作業をF社様がどの程度の時間を想定していたかは存じ上げませんが、弊社の作業は午前中には終了しました。作業時間、内容ともにご満足いただけたようで後日、他の機械もご依頼いただきました。今回ご紹介いただいたK様からは、「取扱商材が増えたし、新たな切り口にもなる。」さらに、作業を実施したお客様からも評判がよく、「以前より相談されることが増えた。」とお喜びいただきました。
弊社にとっても、お客様に対し説得力のある方からご提案していただくことで、終始スムースに事が運びました。お客様よりご相談を受けましたら、ぜひ中部石油にご連絡ください。


思わぬところで感謝された!!

Y様 : 機械工具商社  A社第様担当営業マン
A社様: 金属加工業 MC8台 他多数

◇状況
使用しているMCのクーラントタンクに切子が堆積してしまいポンプがクーラントを吸わなくなってしまった。何とかしてくれないか?!と
機械工具商社営業Y様のところにA社様から連絡がありました。
Y様はチップコンを改良することで対応できる事をA社様に伝え、当日の作業工程を確認している際に・・・『誰がクーラントを抜くのか?タンクは誰が洗浄するのか?』との話になり、A社様Y様共にお互いが手配してくれると思っていたらしく思わぬところで 問題が発生しました。 A社様のクーラントは親会社から支給されている商品で、その他潤滑油も近所のガソリンスタンドから購入していたらしく、油剤に関して特段付き合っている業者はありませんでした。
Y様が担当している他のお客様に「水溶性金属加工液のタンク洗浄とクーラントの交換をする業者を知りませんか?」と問い合わせたところ、中部石油を紹介されたとのことで、Y様よりご連絡いただきました。

◇対応
Y様からは「切子が堆積しないように改良したチップコンを設置するから、タンクの洗浄、クーラントの交換及び廃液処理をお願いできないか?」とのお問い合わせをいただきました。Y様にクーラント交換、タンク洗浄および廃液処理のお見積りを提出し、後日Ý様より依頼がございました。当日はY様立会いのもとY様の協力会社として作業させていただきました。バキュームで古いクーラントを抜き取り切子を除去。その後タンク内を洗浄し洗浄液をタンクに張り配管内、ベッド等機械をリンスし、再度タンク内を清掃し、新しい加工液を張り込み作業を完了しました。

◇結果
A社様の機械は全部で8台あり、まずは1台交換作業をおこないました。改良したチップコンの調子も良く、残りの7台も後日作業させていただきました。さらにY様が加工液の定期的な交換をA社様にご提案いただき、今後も交換作業をさせていただく予定です。Y様いわく、機械を購入していただくためにお客様の要望に応える、サービスの一環のようなおまけでしたかなかったが、終わってみればA社様から「加工液もタンクも綺麗になり結構感謝された」とのことでした。機械商社様にとって、クーラントの交換、廃油処理は本業とは違ういわばおまけのような業務ですが、お客様への新たな切り口として、顧客囲い込みの一環として中部石油をお使いください。

PAGE TOP